給湯器の凍結による水漏れ修理

給湯器はお湯を作り出し送り出していく設備です。いつでもお湯が出てくるため、水漏れするとは思ってもみないものです。修理が必要なほど傷みが出てくることもありますが、必要な時に使えないという状況は大きな問題になってくるでしょう。
早めに修理が必要になってきますが、修理ができるかどうかの問題も考えていかなければいけません。

■凍結して破裂する

給湯器から水漏れをする問題はいろいろとあります。内部の部品が壊れてしまったときに、水漏れを起こしてしまうことになるでしょう。そのひとつになってくるのが、凍結にあります。内部で凍結してしまうと、お湯が出ないどころか水も流れなくなってしまうのが問題です。
給湯器 水漏れという大きな問題になってしまうのは、凍結した段階で膨張してしまい、さまざまな部品も内部から破壊してしまうことが出てくるからです。破裂してしまうと、必然的に水漏れを起こすことになります。



■電源は生命線

給湯器には、凍結することが事前に考えられており、電源を抜かなければ自動で温めるような装置が取り付けられています。これによって、凍結による破裂を防ぐことができますが、給湯器よりも前の段階では、防寒対策をする程度しかできません。ここで破裂してしまえば、水漏れも起こすことになるでしょう。
何かしらの理由で電気が止まってしまっている状況も同様です。自然解凍を待つことが重要ですが、水漏れしているようなら、専門業者に修理の依頼をする必要があります。素人の修理はまず不可能な内容となるためです。



■まとめ
給湯器は、凍結防止機能があるため、使わないからといって電源を抜くようなことはしないようにしましょう。もったいないからと思ったことが、大きな問題にしてしまうこともあります。
凍結の予防策はいろいろとありますが、ほんのわずかだけでも水を出しておくことで流れを作り凍結の防止もできるのですから、電源を切ってしまうことだけは避けるべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ