水漏れ修理が効かなくなるとき

給湯器には、トラブルも起きるものです。修理ができる間は、そこまでの出費にはならないでしょう。定期的にメンテナンスもしていくべきですが、いつか修理ができなくなってくることもありえます。水漏れが発覚した時には、ある程度の時期には交換も考えていかなければいけなくなりますが、そのタイミングがいつなのか、事前に考えておく必要があります。

■いつかは壊れるのが宿命

給湯器は、いつまでも使えるものではありません。必ず寿命がやってきます。これは機械としての宿命的な部分であり、避けることはできないことです。いつ寿命がくるのかといえば、機械としての機能を失うときになってくるため、個体差もありはっきりとしません。ですが、部品が手に入らなくなったときには、給湯器 修理ができなくなる瞬間といえるでしょう。物理的な限界といえます。



■10年経てば部品はない

給湯器の部品は、いつまでも生産されているわけではありません。一定の年月で生産が止まってしまうからです。生産が止まってしまえば、修理するための部品がありません。ある意味でこれが給湯器の寿命として考えることができるでしょう。この時期は、生産開始から10年経つと終わります。ですが、実際に設置してから10年ではないため、7年程度立てば部品は手に入らないと考えていいでしょう。これ以降は交換することがポイントです。



■まとめ
給湯器は、いつか必ず壊れます。メンテナンスフリーの機械ではないからです。いつか壊れることも考えて整備もしていかなければいけませんが、安全に使い続けるためにも、時期が来たら交換を考えておくべきでしょう。性能も大幅に変わってくることが予想され、燃費性能も変わってきます。10年もたつと大幅に変わることになるのですから、水漏れで交換することにメリットはたくさんあるのではないでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ